FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎橘湾岸マラニックW部門 

11月2日から4日にかけて、「2017橘湾岸スーパーマラニックW部門」に参加しました。
W部門は2年前に‪13時‬スタートで完走、今回は‪16時‬スタートに挑戦しましたが・・・
結果は原城址203.4キロ、‪2時59分‬リタイヤとなりました。
調子とかではなく、大会に取り組む姿勢が問題だったと思います。 反省!

大会前まで
スタート時間‪が13‬時だった前回の自分を超えたいという思いや前回、主催者から‪16時‬スタートの指定を受けたが、コースがよく分からないこと等から‪13時に‬してもらったいきさつがあり、今回は16時スタートにチャレンジです。
いつもイメトレを十分しなければと思っていたが、今回は最後尾のソロランが多いと予想していたので、渡されたコースマップやグーグルストリートビューで十分やりました。
実際、ランナー名簿では知っている人も多く、走力は私よりずっと上のランナーばかりです。
今回の目標タイムは前大会のタイム表から「ギリギリタイム」で完走したランナーを参考にしました。
私の前回のタイムで‪13時‬スタートを‪16時‬スタートにおとすと、小浜には‪20時半頃‬到着で縮めないとダメです。

当日
この日は休暇をもらって11時半すぎに自宅を‬出発、長崎到着後に駅周辺で昼食、その後水辺の森公園に向かいました。

スタート
‪16時スタート スタート後はさすがにゆったり風だったが、最後尾に近いあたりを走る。‬
稲佐山への上りはIBさんについて行った。 途中、一ヶ所階段を上り、コースをショートカットした。
 
稲佐山 7キロ ‪17時00分‬目標を‪16時54分‬
出だしは予定通りのまずまずのタイム パンチをした後は早々に下りに入ります。
下りは何名かのランナーと一緒に走り、事前のイメトレしたことなどを現地で確認しながら進みました。
電車通りに入ると大夫暗くなってきたので、夜間装備(ライト)を装着
やがてソロランとなりましたが、事前イメトレの成果で迷わず進めました。
あぐりの丘 25.3キロ ‪19時20分‬目標を‪19時10分‬
エイドの味噌汁&とろろ昆布巻きのおにぎり、おいしかったです!
ここを出て、すぐの三叉路を右折、あとは脇道に入らないようにして2、3名のランナーと道なりに進みます。
R202に出てからは自販機に寄ったりして、ソロランが続きます。
女神大橋はライトアップされていてとてもきれいでした。


女神大橋 45キロ ‪22時00分‬目標を‪21時42分‬
楽しみのうどんをいただいた。
熱くて塩味がおいしい!
その後もソロランが続きましたが、栄上三叉路あたりで一人のランナーと一緒に。
交通関連で遅れてスタートしたとのことでした。
やがて先行された。
高浜のラストコンビニでドリップコーヒーを飲もうとしたんですが、機械が洗浄中とのことで缶コーヒーでガマン・・・
さらにソロランが続き、権現山も一人でしたが事前イメトレを十分やっていたので良かったです。
 
権現山 70キロ ‪1時50分‬目標を‪1時44分‬
エイドでほぼ最後尾を確認、あとはタッタカ下ります。
樺島灯台への上りもソロランで、ランナーとすれ違うこともあまりなかったです。
灯台は‪3:40‬目標を‪3:29‬
 

樺島公民館 83.5キロ ‪4時30分‬目標を3時57分
ここではAIさんにエールを受け、嬉しかったです。
カレーはあいかわらずおいしく、もっと食べたかったが、おかわりと言い出せなかったです。
(少なめに注がれていたので残りが少ないのかなぁ)
ここから岬木場への上り、ソロランで黙々と進むます。
ホント真っ暗でバス停を目標に進みました。
 
川原老人の家 98.4キロ ‪6時50分‬目標を‪6時41分‬
朝焼けがとてもきれいでした。

ここで‪18時‬スタートのランナーが入ってきました。
ここからは二人のベテランランナーさんの後方をついて進みます。 
上り下り共に急坂が続きました。
 
長崎ハウスぶらぶら 115.6キロ ‪9時30分‬(ギリギリタイム)目標を‪9時43分‬
ここで‪18時‬スタートのKSさんと会いました。
前回のWでワラジは小浜からの後半のみと聞いてましたが、今回はすでにワラジでした。
片峰は旧道を通りましたが、ホント同じような上り下りの急坂が続きます。
 
日見公園 130キロ ‪12時30分‬(ギリギリタイム)目標を‪12時13分‬
明るい中は、ホントに走りやすいです。
戸石三叉路をすぎて、少し行くと見覚えのあったKTさんの自宅がありました。  あーここだったんだ!
前回KTさんとご一緒して、家の前を通ったのは覚えていますが、場所がどこだか記憶にありませんでした。
それから飯盛峠とんの山の急坂を上ったところでは、結の浜がとてもきれいでした。
 
飯盛峠とんの山  138.8キロ ‪13時40分‬目標を‪14時4分‬
うーん 目標タイムから遅れているなぁ・・・  下ってじゃがいも農道  ここも結構な上りです。
 
飯盛経塚  146キロ ‪14時50分‬目標を‪15時13分‬
杏仁豆腐がおいしい!
国道の裏道のような道路を進みます。  
途中、一部国道を走ったが、クルマが多い。
ホテル街をすぎ、やがて旧雲仙軽便鉄道跡に入ると、このままでは次の関門に間に合わないかも!
スイッチは入ってペースアップ
途中、何名かとランナーと一緒になったが、皆、次のエイド(千々石)を通過できたかな・・・
 
塩屋公民館(千々石)  162.3キロ ‪17時30分‬目標を‪17時43分‬  ※関門‪18時‬
 
南本町公民館 173.3キロ ‪20時‬着
‪20時のリスタートの直前に到着 かなりのランナーでUEKさんは分からず。‬
リスタート後、中に入りヨコになって着替えました。
うどんなど食べ物は何も残ってなく、ここではカップ麺か味噌汁&おにぎりがほしいと思いました。
途中のエイドは十分すぎるくらい充実しているのですが・・・
まぁ これは想定内で持ってきたアンパンを頬張りました。
前半、一緒になったランナーとの会話で「無理してでも‪20時に‬スタートした方がいい。 ‪21時‬だと早い人ばかりで一人ランはきつい」とのことがあって、早々にスタートとしなければ・・・と思い、‪20時43分‬リスタートしました。
強い眠気はなかったが、カラダはかなりの疲労・・・  途中、Y姉さんらグループ(3名)に追い付かれ、このペースならばついて行けそう・・・と進んだが下りで前モモが痛く、遅れてしまいました。
今回は白頭バス停(179.2キロ)にエイドがあって、水分補給をしました。
海岸に出てシェッドを通過するあたりでストックを使って歩き進んでいるランナー(愛知の方?)と一緒になり、少し会話
私も雲仙の上り対策でと、持ってきたストックを使って歩き始めたが、平坦なのですぐしまって先行します。
 
津波見 186.9キロ ‪23時10分‬目標を23時32分
ここの出がけでYSMさんが着いて、少し話す。
‪21時40分にリスタートしたとのこと。  体調が良くないと聞いていたが(FB)元気そうでした。‬
この先、抜かれましたが力強い走りでした。
 
口之津 194.4キロ ‪0時40分‬目標を‪1時8分‬
ここまで前回のWではかなりきつい睡魔がきたが、今回眠いが前回のような睡魔ではなかった。 が、歩きが多い・・・
目標タイムが遅れている・・・ 原城址はギリタイム‪2時30分‬なんだが・・・
 
原城址 203.4キロ ‪2時20分‬目標を‪2時59分‬
チェックポイントでパンチしてエイドに行くと、通過チェックはMTMさんだった。
タイムから完走はムリと気持ちが切れていて、リタイヤを通告
クルマへ連れて行ってもらう時に次へと進んでいくWランナーを2人見かけた・・・
ここで私のWはおわりました・・・
 

もしもの世界
小浜でのリスタートは早くしなきゃと、「ダボハゼ的にバタバタ何となく」でリスタートしたが、予定通りに‪21時に‬して、Y姉さんに意地でも食らいついていく!と覚悟を込めてリスタートしていたら・・・
結局はダメだったかもしれませんが・・・
あと、関門ストップまで突っ込む!(今回のように自らリタイヤは悔いが残る)
強い気持ちを持ち続ける。 
最後尾というポジションでもモチベーションを持ち続ける。 目標タイムを追い続ける。 必ず完走するという強い意志

一から出直しです。
スポンサーサイト

唐津ダブルフルジョグトリップ(86キロ)

10月1日(日)は、「唐津ダブルフルジョグトリップ」に参加しました。
ジョグトリップは15回目  このコースは昨年に続き2回目(ジョグトリップとしてもこのコースは昨年から)
今回は昨年のタイムを表にして携行し、昨年の自分との勝負! そしてジョグトリップの楽しみはもちろんですが、1ヶ月後にせまった橘湾Wを見据えてのロング走の意味合いも持って走りました。
昨年は大雨の予報でスタートが5時に変更でしたが、今回は晴れベースのジョグトリ日和でした。
また、昨年は第2日曜日開催で筑後川マラソンと重なったからか、参加者は12名でしたが、今回は30名がエントリーで1名DNSの29名が出走、昨年より速い方が多いと感じました。
結果はフルコース満喫できて、昨年のタイムを30分ほど短縮できました。
これは昨年が5時スタートのほぼ昼間ランに対して、今回は1時スタートのナイトランから入ってのタイム短縮はよかったと思います。

スタートまで
22時半すぎに自宅を出発、0時すぎに現地到着 受付をすませて準備します。
あと、スタートまでKTさんと話してすごしました。
AIさんご夫婦、ENさんはアーリースタートされたとのこと。
開会式での選手宣誓はTNさん ジョグトリ10回目ということでジョグトリ金バッチが授与されました。    この方のブログは、アミさんにFBで紹介されていましたが、とても読みやすく丁寧な印象を受けました。

スタート
1時スタート KTさんと話しながら進みます。 KTさんは今回、橘湾Wを走られる方のサポートということだったので、信号停止後に前のグループについて行く形で先行しました。
昨年は一人先行された後に私もペースを上げて2番手をソロランしましたが、今回はほぼ集団走で進みました。 さらに先行している人もいる様子で、昨年よりも早い人が多いようです。

11キロのオアシス 牛乳屋前 2時20分 目標を 2時15分
オアシス食はカッパ巻き 一人3個 おいしい!ここからは集団もバラけてソロランが多くなりました。
夜空を見上げると満天の星!
やがて志気トンネルを通過 トンネル内はとても明るかったです。 通過する時にはるか前からランナーの声が響くように聞こえてきました。
しばらく進むと、AIさんご夫婦に追い付き、あいさつ。
一週間前にジョグトリ平戸街道を走られたばかりで、この時はコースを逆走して参加したとのことでした。
やがて伊万里道の駅 ここでトイレを借用、次のエイドまであとわずかです。
20キロのオアシス 野菜選果場前 3時10分 目標を 3時14分
オアシス食は桃の水大福 止まると少し寒さを感じて、アームカバーの有効性を感じました。しばらく進んだ所の歩道の段差で思わずコケてしまいました! 右膝に傷、たいしたことがなくて良かったが気をつけないと!
後での情報ですが、来年はコース変更でこの先を左折するようで、バイパスの短いアップダウンを走るのは今回限りになりそうです。           そのバイパスへの左折地点あたりで、TNさんとYMさんが先行されました。   お二人が私の後を走っていたとは・・・ 私より走力はずっと上の方達です。
ここからはバイパス側道のアップダウンが出てきました。 昨年は明るい時間帯で歩道に栗が大夫落ちていましたが・・・
渡瀬峠を4:30ころ通過 来年コース変更ならば、ここを通らずにこの先でこの道に合流する経路になるはずです。

33キロのオアシス 民家入口 4時50分 目標を 5時12分 
オアシス食はいなり寿司 これまたおいしい!
ここまで結構眠気が来ていました。 昨年は明るい中でのランだったのでタイムは遅くなったがいいところかなと思います。
この先、若木町川古をすぎると、段々明るくなってきました。
女山峠への上りを歩きを交えて進んでいると途中、女山トンネルの工事が行われていました。
6時10分に武雄市と多久市の市境で、このコースでの最高点(198m) 女山峠を越えました。 下りを快調に進みます。
明るくなってきていて走りやすいです。
下りきったところで6:20 日の出がとてもきれいでした。 睡魔が一気に退散したようです。

また、ENさんに追い付き、あいさつ、話しながら進みました。

42キロのオアシス 民家前 6時10分 目標を 6時32分
オアシス食は塩豆大福 多分初めて食べたと思います。 ほど良い甘さがおいしい!
このあたりからENさんら4人で進みました。(USさん?とMr.Kさん?)
Kさん?はENさんとジョグトリを通して知り合いの様子
地元ということで、よく道を知っていて、ショートカットのコース(15キロカット)など話された。 またサロマにずっと出られているとのことでした。
USさん?はサブフォーランナーで防府に出られるとのことでした。
ゆっくりだが、いいペース 一人だったら歩きがかなり入っていたかもという感じがしました。
フルのタイムは5時間半くらいで通過、一面の黄金色の稲穂がとてもきれいで、秋だなぁと感じました。

52キロのオアシス 民家庭内 7時30分 目標を 7時55分
オアシス食は押し寿司 ボリュームを感じられ、おいしい!
この家の方のご好意でテーブル・イスでゆっくり出来ました。
ここでENさんはゆっくりされるということで、3人で先行
このあたりからはマチナカを進みます。 何だか懐かしいような町並みです。
途中でUSさん?がペースを落とされ先行、Kさん?と前後して進みました。
「最後の峠です」と教えられて笹原峠をほぼ歩かずに越えました。

62キロのオアシス 車庫前 9時30分 目標を 9時32分
オアシス食はコーヒー大福 これも程よい甘さでおいしい!
眠さから昨年のタイムより遅れていましたが、ここで追い付きました。
厳木駅をすぎて、やや残っていたような眠さをとろうとセブンコーヒーを投入
暑くなってきたのでアームカバーをとりました。
松浦川沿いを走るが、「松浦市」とは離れているし、この「松浦」は? などと考えながら進みます。
次のオアシスの1キロほど手前で、2人の女性ランナーを抜きました。

73キロのオアシス バイク屋前 11時30分 目標を 11時10分
オアシス食はみたらし団子 いつものようにツユまでいただいた。
ここで到着された2人の女性ランナーの一人のゼッケンのネーム「M」さん お名前はよく拝見していたので少しお話ししました。
やがて市街地に入り、山本駅前を通り過ぎて右折、少し進んだところでガリガリ君を投入(暑かったです!)
広い歩道で走りやすく、残った力を出し尽くそうと走りました。
東唐津駅をすぎて唐津城が見えてきて、ゴールまで一直線2.3キロ さらにペースアップ(大したペースではありませんが)
最後の橋を渡っていると、ハムが少しピクピク・・・

ゴール 13時40分 目標を 13時5分
最後の方はペースアップして気持ちよくゴールでき、タイムも昨年より35分短縮して満足
他のランナーの方やアミさんと会話を楽しんで駐車場に移動しました。
日中は時々雲が広がるが、さわやかな秋晴れ、日差しが暑く感じました。

第5回 霧島・えびの高原エクストリームトレイル

7月22日(日)は、「霧島・えびの高原エクストリームトレイル 」に参加してきました。
昨年に続いて2回目の参加で、今回は「硫黄山規制」によりコースが変更され、南側半分を2周するコースになり、丸尾自然探勝路はカット、えびの岳は2周目のみとなりました。
距離は約67.5キロ(昨年は約63キロ・累積標高3,059m)で、距離としては昨年より4.5キロほど長くなっています。
昨年のタイムを参考に目標タイムを設定しましたが、一周目はカットになっている分のタイム短縮を狙い、二周目は関門タイムとのマッチレースという作戦です。
結果はコースは違いますが、昨年のタイムを1時間短縮し、上出来のレースでした。

前日は、13時に自宅を出発、16時半前にえびの高原キャンプ村前の駐車場に到着 途中、大きな渋滞もなくよかったんですが、えびのICを降りる前後から雨が・・・ 傘を忘れている!  幸い、受付・前夜祭と大して降らずによかったです。
この前夜祭のじゃんけん大会でソックス(1,800円相当)が当たりました! のはよかったんですが、当たった6名前に出て一人一人にマイクを向けられたのには参りました。
前夜祭では食事が出て、おにぎり2コパック他、お腹いっぱいになり満足、あとは車の所に帰って、明日の準備をして車中泊

当日は3時に起床、気温は18℃ くらい 朝食と準備にかかります。 
4時ころ、駐車場を出発 まずはトイレへ。
4時40分頃に水分チェックを受けて、ゲートイン 後の方にポジションをとりました。
なお、前日の受付時もスタート前もラン友さんに会えなく、残念でした。

スタート
参加者全員のカウントダウンとともに5時スタート スタート直後は、少し緩やかな上り坂を上った後、長い舗装道路の下りをゆっくり進みます。
登山古道の入口は昨年はすんなり入れましたが、今回は結構渋滞 中に入ってからも渋滞でほとんど歩きで進みます。
少し入ったところの土の斜面で思いっきり尻餅!
前を進んでいた女性ランナーから「大丈夫ですか ロードシューですか」と声かけられ、「実はそうなんです…」と苦笑い・・・
登山古道を出ると舗装を含む林道のアップダウンが続いて集団も大夫ばらけ、上りは早歩き、下りは走って、それの繰り返しで進んでいきます。

第1エイド 日添林道入口
6時42分(1時間42分)到着 目標は7時10分(2時間10分)マイナス2.8キロとしていたので、30分程の短縮でまずまずの出だし。 
水を補給して早々と出発
上りは小走りを交えてピッチを縮めたウォークで進みます。 やがて長い下り ホントに長い下りでした。
広い舗装道路に出て、栗野岳レクレーション村はもうすぐ!

第2エイド 栗野岳レクレーション村
8時10分(区間1時間28分)到着 目標は8時40分(区間1時間30分)、ほぼ前回と同じタイム
ここでIさんと会い、少し話しをしました。
水を補給して頭から水をかぶってスッキリ  いざ「日本一の枕木階段」引き続き、栗野岳越えです。
前回は、ここは体力消耗戦 バテた~と感じたところ。
今回もきつかったが、前回ほどではない感じで、とにかく前に進みました。
見晴台を越えて下り。  下りきった後の上りは、かなりこたえました。
谷を越えて、見覚えのある稜線が見えてもう少し!  やがて駐車場が見えてきました。
一周目はえびの岳に行かず、直接ピクニック広場に行きます。  このあたり、えびの岳に向かっていくショートのランナーさんが追い越していきます。

第3エイド えびの高原ピクニック広場
10時2分(区間1時間50分)到着 目標は11時40分(区間3時間)マイナスえびの岳カット(1.7キロ)
前半がおわって、後半は時間いっぱい使って9時間弱 完走への道筋が見えた気がしました。
エイドでは楽しみにしていた好物のスイカをパクつきます。  この暑さの中、よく冷えていて甘く水分たっぷり!
前回、その後のランを考えて、ゴール後にいただこうと2ピースのみいただいたが、ゴール後には残っていない・・・ 今回はたっぷりいただき、コーラも注入
気合いを入れて、二周目にGO!  といってもリスタートして緩やかな上りをノロノロ、下りもトコトコ・・・ 一周目のようにスイスイとは行けません。
舗装路から登山古道へ  足もバテバテなので、一周目以上に注意して進みました。
下りきって林道に入ると、日陰が少なくジリジリとした炎天下の下、歩きを交えて前へ前へと進みます。
一周目よりも歩きが多く小走りが少ないが、とにかく前へ。

第4エイド 日添林道入口
12時3分(2時間)到着 目標は13時50分(2時間10分)マイナス2.8キロとしていたが、この区間一周目よりも20分程余計にかかっていました。
長い下りを終えて広い舗装道路に出ましたが、ここからエイドまでが一周目よりも長く感じました。
とにかく暑い!  栗野岳越えを意識して、バテないように歩きを多くしました。

第5エイド 栗野岳レクレーション村
14時00分(区間1時間52分)到着 目標は15時20分(区間1時間30分)、この区間は一周目よりも30分程余計にかかっていました。ここで今回初めてバックを下ろして休憩 足のけいれんの気配はありませんでしたが、芍薬甘草湯を注入
結局、エイドでは15分程いたことになりました。
いよいよ体力消耗の難所、栗野岳越えです。  水をかぶって気合いを入れ、スタート
枕木階段は日陰がなくて、とにかく暑い!  早く上り終えて森林内へと進みます。
一周目と違いもうバテバテ・・・  小股で少しずつ進みます。
見晴台を越えて下って上りに入ると、さらにバテバテ・・・
足が動かなくなったらマズイ! と、上りは小股で少しずつ、下りは走りを少なく大股歩きで進みました。
やがて、左手に稜線が見えてきてキャンプ場に入ってきました。
最後の難所、えびの岳  これを越えればゴールだ! とバテた足を無理くり動かして、少しずつ進みます。
ガマンの歩きが続き、ようやく上りもおわり!  あとは下りだ!と歩いていると、まだ走力が残っているんじゃ・・・
そこからスイッチON  一気に駆けだした。  こんなに走る足が残っていたんだと自分でもビックリ
残る力を出すのを怖がっていた自分がいたんだ・・・と自覚  3人ほどのランナーさんを抜いてゴールまで一直線

ゴール
17時25分 歓喜のゴール! 目標は18時20分(区間3時間) 区間は3時間29分かかっていました。
ゴール後はお味噌汁が残っていて、ウマイ! おいしくいただきました。

【記録】
タ イ ム   12時間25分26秒
総合     192位/489人
男子50歳以上 39位/106人
完 走 率  73.9%

博多唐津ウルトラジョグトリップ(106キロ)

5月28日(日)は、「博多唐津ウルトラジョグトリップ」に参加しました。
ジョグトリップは14回目 そのうちウルトラ(100キロ)は6回目 このコースは昨年に続き3回目になります。

この博多唐津の大会日は例年晴れの天気ということでしたが、今回も天気は晴れ 折り返しあたりから予想通りの暑さの中、「粘りの走り」ができて17時半前にゴール 
フルコース満喫でき、萩往還での不甲斐ない走りのモヤモヤが解消された思いがしました。

今回は47名エントリーで2名DNS、45名が出走です。
現地で受付などすませて、準備にかかります。 
すでに何名かアーリースタートされたとのことで、ラン友さんもすでにスタートされていました。

スタート 

承天寺門前を1時にスタート 
鈴なりのランナー集団で進みます。
今回のタイム表は昨年のタイムを目標タイムとしました。
昭和通りは今回、右側を走りましたが屋台は左側が多い気がしました。(左は中州側)
しばらく走っていると、次第にバラけてきて、数名の集団で進みました。
走り出してしばらくは暑かったですが、市街地(歩道が広く明るい)を抜けて姪浜あたりからは肌寒さを感じました。

14キロのオアシス 長垂海浜公園前 2時40分 目標を 2時50分 出だしはまあまあのペース

最初のオアシス食はカッパ巻き おいしくいただきました。
オアシス(エイド)では先行ランナー・追い付いてきたランナーと一緒になりますが、オアシスを出ればソロランが多くなります。

23キロのオアシス ミスタータイヤマン 3時40分 目標を 3時50分 まあまあのペース

ここのオアシス食は桃の水大福 ひんやりしておいしい。
加布里をすぎて海に出ると暗い中、波の音と潮のにおいがしました。 昨年は満月でとてもきれいでしたが・・・
深江を越えて、夜が明けてきた海の写真を撮っていると、Kさんともう一人のランナーが追い付いてこられた。
程よいペースで、ついて行く。 
この男性ランナーは「安定した走り」というのを感じさせる走りで、この先、一緒になったり前後になったりしながら進んでいきました。(名前が確認できず「安定した走りのランナー」と呼ばせてもらいます)
とてもペースやフォームに安定感が感じられ、ウルトラに強い走りをされていると思いました。

34キロのオアシス 二丈渓谷入口 5時10分 目標を 5時15分 まあまあのペース

オアシス食はいなり寿司 小腹が空いていたこともありウマイ! 
ここではちょうど日の出が見られて、皆さん写真を撮られていました。

03_譌・縺ョ蜃コ_convert_20170607225024

朝の海です。

朝の海

ここから先は次のオアシスまでに二つの峠が控えています。(博多唐津コースの峠はここのみ)
また、縁起のいい駅が続きます。 オアシスを出て、少し行くと「大入駅」 そして「福吉駅」 これをすぎてR202から左折、旧唐津街道の方へ入っていき、緩やかな上りが始まります。
少し上るとたわわに実ったビワがありました。

びわ

勾配がきつくなってきて、やがてピークの立花峠 二丈カントリークラブ入口をすぎると下りに入りますが、ここで「古代の道標」の案内看板を見かけましたが、そのまま下りを快適に走りました。

古代の


下りも終わるあたりに「全面通行止め」の看板がありましたが、開会式の時の説明通りに通行できました。
そしてまた上り。 このあたり大好きな里山の道 このような道がなければジョグトリのコースとは認定されない!?

里山


下りきってR202に出ると、海の向こうに虹ノ松原や唐津城が見えました。

峠をおりてきて

福岡・佐賀の県境を通過、しばらくは朝の海、シーサイドランを楽しみます。
IMG_3629_convert_20170608230753.jpg


IMG_3508_convert_20170608221317.jpg


46キロのオアシス 野崎蒲鉾店前 6時40分 目標を 7時00分 20分程遅れ。

ここでオアシス食としては初登場 「マーコットプリン」 おいしい! 人気オアシス食になるのでは!と思いました。

プリン


53キロのオアシス 唐津城下 7時40分 目標を 7時50分 やや遅れ気味

ここのオアシス食は押し寿司 食べ応えがあって、後半に備えてグッド 何名かの方は「ここで完走宣言」されたようです。

IMG_3515_convert_20170608221619.jpg

また、ここは有人オアシスで預けた荷物が受けられ、後半の昼間ランにスイッチ 新たにサングラスとボトルポーチを装着します。
と、したつもりがボトルポーチはここに残置・・・忘れていきました。(虹の松原遊歩道を越えたあたりで気づく)
リスタート後、まずは往路にコースミスで通らなかった虹の松原遊歩道を走りました。 ここは足に優しく、日陰が多くてグッド

IMG_3516_convert_20170608221911.jpg

ただし、飽きが来るというか、長く感じるので早く抜けようとせずにじっくりした走りをするイメージがいいかもしれません。
この虹の松原遊歩道の中では何名かの往路のランナーさんと交差しましたが、往路の遊歩道を走っていたならば、復路のランナーさんと会えたのにと思いました。 また、この中で「安定した走りのランナー」さんに抜かれて、ゴール地点まで姿を見ることはありませんでした。

60キロのオアシス 野崎蒲鉾店前 9時00分 目標を 9時15分 遅れ気味をなかなか取り返せないです。
ここでのオアシス食はコーヒー大福 これも好物です。

IMG_3625_convert_20170608225127.jpg

晴れているので9時をまわると、さすがに暑くなってきました。 峠道に入ると、日陰が多くて快適な里山森林浴ランニングを楽しみました。 ただ、峠道とはいっても長崎県エリアのコースと違って、アップダウンもさほどきつくないような気がします。
ここでドジ! 日陰に入り、なぜか視界が暗い・・・ あっ サングラスをしているからだ! と外して帽子に着けて走っていると、暑くて汗がじわり・・・ 帽子をとって、手ぬぐいで汗をぬぐう。 しばらく走って、サングラスを落としたことに気づいた! 探しながら引き返します。 こちらに走ってきた2人のランナーさんに聞くと、「知らない」とのこと。 ここで諦めて、先に進みます。

72キロのオアシス 二丈渓谷入口 10時40分 目標を 11時10分 30分遅れになってしまいました・・・

ここでのオアシス食はいももち 食べ応えがあって、これもうまい! 往路用のいなり寿司が余っていたのでいただきました。
このあたりからHさんと前後しました。 Hさんは久留米から来られていて、私のラン友さんを知っているとのことでした。 この先の深江駅まで歩いていって、そこからワープするとのことで、先行しました。
また2人の若いランナーさん 早くて力強い走りで、先行するがしばらくすると後から来て抜いていく・・・ この繰り返しであれ?と思いましたが、あちこちで道草しながら走っている様子 彼ら風に満喫しているなぁと思いました。
このあたりでコンビニに寄ってガリガリ君を投入! うまい!

IMG_3642_convert_20170608231323.jpg


83キロのオアシス ミスタータイヤマン 12時30分 目標を 13時10分 徐々に遅れの幅が大きくなってきた・・・

オアシス食は人気のみたらし団子 もちろんツユまでいただきました。

IMG_3648_convert_20170608225620.jpg

往路の時のオアシス食のボックスをのぞくと桃の水大福が余っていたので、これもいただきました。
暑さも本格的になってきて暑熱馴化だよなと思いつつ進みます。 
次のオアシス近くには海浜公園があって、そこでの水浴びを目指します。
このあたりでは前にも後にもランナーの姿は見かけられませんでした。

92キロのオアシス 長垂海浜公園前 14時10分 目標を 15時00分 うーん 1時間ほど遅れてしまった・・・

オアシス食はミニトマト 甘みがあって、これまたおいしいです。
IMG_3652_convert_20170608230050.jpg

このあたりはJRワープも頭をよぎりましたが、ジョグトリ大村湾でのAさん達のフルコース頑張られたことを思い浮かべ、自分を克服するという気持ちが出せたと思います。
往路のオアシス食のカッパ巻きは余分にあるとのことで、おいしくいただき、その後すぐ近くの海浜公園に行って、顔を洗い体をぬれ手ぬぐいで拭き、さっぱりしてゴールまでは14キロ 
少し行くと海の向こうに福岡タワーなどが見えて、日帰り走り旅も終盤です。

IMG_3657_convert_20170608230244.jpg

姪浜をこえると、市街地に入っていき昭和通り 仕事で良く通る道です。
ここまで来ると17時半までにゴールしたいと思い、走ろうという気持ちはありますが、ついつい歩いてしまいます・・・
と、このあたりで粘り強い走りをするランナーさんを見かけ、それを見て最後の粘りの走りが出せました。
17時24分(16時間24分)ゴール

ゴール後、少しして「安定した走り」のランナーさんがゴール 市街地に入り道を間違えたとのこと
ゴール後のまったりとした会話は楽しいです。 

帰宅後、夜の天気予報によると、次の日(月曜日)は最高気温31℃で前日比+4℃とのことでした。

天候 晴れ  
スタート時(5時):15.0℃ 
ゴール時(17時):24.3℃ 
最高(12時):27℃
日の出:5時11分 
日没:19時21分


第29回 山口100萩往還マラニック大会

5月の連休は山口100萩往還マラニック大会に参加  萩往還は昨年初めて参加し140を完踏、今年は250に挑みましたが・・・
結果は川尻岬 沖田食堂107.8キロで関門となりました。

3月に腰痛などで走れない時期があったりしましたが、結論は慢心からの練習不足・・・「走る足」が出来ていませんでした。
反省です。

2日9時前に自宅を出発、高速に乗って11時半ころに現地到着
受付に向かう途中、TBKさんと会い、エールを交換しました。
受付をすませて長州苑でうどん&おにぎりで昼食(うどん券使用) 昨年と違って、晴れててよかったです。 
一旦、駐車場に戻ってゼッケンをつけたり準備
13時からのウルトラセミナーに行き、15時からは説明会  その後、駐車場にもどって最終準備をしてスタート地点に向かいました。
17時20分にスタートエリアへ  ここでMTMさんに会って、元気をもらいました。
また、スタート地点にはすでにたくさんのランナーが待機されていました。

スタート
18時に第1ウエーブがスタート 私は第5か6? 18時16分頃にスタート
スタート後は調子よく、集団の波にのって進み、出だしは良かったのですが・・・
やがて河川敷へ しばらく走っていると、左ももの裏側に痛みが・・・ 攣ってはいないが、それに近い感じ・・・
まだ第1エイドにも行ってないのに・・・なんなんだぁ! これで左足がうまく使えず、ダマしダマし前に進みます。

上郷駅前エイド 13.2キロ 19時40分を19時45分
徐々に暗くなってきて、ここまででライトをつけていたランナーもいましたが、ここでヘッドライトを装着(チカチカライトはスタート時にオン)早々とスタート

湯の口エイド 21.8キロ 20時50分を20時57分
このあたりからは大夫ばらけてきました。
途中の曲がり角などには明確な表示や誘導員の方がいて、地図を確認しないで進めました。

美弥高校前エイド 32.0キロ 22時20分を22時34分
エイドの方の会話で、かなり後方の位置であることが伺え、焦りが・・・
あとで確認するとコース地図に示されている完踏の一番遅いペースでした。
ただ、同じくらいのペースのランナーがポツポツだが、前後を走られていました。

西寺交差点エイド 44.0キロ 0時00分を0時35分
セミナーで話された、ギリギリタイムは0時30分、まずくなってきた!
また、次の豊田湖畔エイドの関門が3時30分だが、これに間に合わないのでは・・・とのランナーの会話も聞こえてきました。 
このあたりからWTNさんら、3,4人と一緒になったり、前後になったりして進みます。
この方は昨年、千畳敷でリタイヤしたとのことで、ここから豊田湖畔までのアップダウンできつかった経験から、今回はトレランポールを準備したとのこと。 私も途中からトレランポールをバックから取り出して使いました。
大会では初めてのトレランポール使用です。

豊田湖畔エイド 58.7キロ 2時00分を3時20分
ここはギリギリタイムが2時30分で関門が3時30分 いよいよ赤信号
うどん&おにぎりのはずが、うどん&アンパンでした。 うどんのみ食べて、アンパンはバックへ
エイドでは寝ている人もいて、全体的にリタイヤの空気 振り切るように早々とスタート
スタートしてまもなく後を振り返ると、ランナーの気配がなく、ラストランナーかなと思いつつ進むと、すぐ小柄な女性ランナーが追い付いてこられました。 
しばらく話しながら進みましたが、話の中で若い頃はスパルタスロンを4回完走したとのこと。 すごい方だった!
やがて先行、途中でWTNさん達が追い付いてきて、一緒に進みました。

俵山温泉エイド 67.1キロ 3時40分を5時3分
コース地図の最も遅いペースタイムより1時間ほど遅い。 もう明るくなっていて、エイドも片付けが始まっていました。
数名で一緒になったり、前後になったりして進みますが、後はランナーは皆無で、もし全くの一人だったら続けるのがいやになっていたかもしれません。
砂利ヶ峠(じゃりがたお)をトレランポールを使って進みます。
下りに入ると長いと聞いていたので、トレランポールをバックにしまい走ります。

新大坊エイド 79.8キロ 5時30分を7時9分
湯豆腐をいただきました。 ここまで来た数名のランナーは旧油谷中まで歩いていき、そこでリタイヤするとのこと。 ことわって先に出発します。
ここからはソロランになりました。 やがて海湧食堂、その前を通って旧油谷中学校に向います。 

旧油谷中学校エイド 87.1キロ 6時40分を8時20分
関門が8時30分なので、チェックポイントをすませたら、預けた荷物には手をつけずに海湧食堂へ 海湧食堂ではアツアツのおかゆなどいただきました。

やっぱり自分からはギブアップしたくないし、俵島にも行きたい。
気合いは入りますが、足は・・・

農協の三叉路をすぎると、復路のランナーと行き交いました。
油谷島に入ると、KNMさんと一緒になって、話しながら進みました。
KNMさんは過去、250に3回走られたとのこと。 CPはなかなかつかず、ソロランだったら道を間違えなかったか不安になったと思いました。
一周を終える頃、先行してもらい、途中、民家の方からお茶をいただきました。 
そして農協三叉路をすぎた途中で次の関門時間の12時30分・・・

12時47分 沖田食堂に到着して、スタッフにタグを返納
ここでは大盛りカレーをペロリとおいしくいただき、カラダはバテバテでしたが、胃の方は元気いっぱいでした・・・

天気 晴れ
2日18時 スタート 22℃
3日 3時 豊田湖畔 11.4℃
   8時 油谷 18.5℃
   13時 油谷 24.8℃

日の出 5時23分 
日没 19時00分
プロフィール

亀オヤジがっちゃん

Author:亀オヤジがっちゃん
福岡県在住の50代男性です。
ゆっくり長い距離を走ることが好きで、完走を目標に日々、季節を感じながらランニングしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。